食Story

取材・講演
ご依頼

専門家向け

【終了しました】栄養成分量算出の対応を考える② 「食品成分表を栄養表示に活用する方法」

~報告内容はPDFをご覧ください~

PDFを見る

渡邊 智子 氏
淑徳大学看護栄養学部栄養学科 教授

■講座概要
栄養成分表示の義務化に伴い推定値表示がはじまったことに加え、各事業者においても表示を必要とするアイテム数が増えることなどから、栄養計算に基づき栄養成分表示を作成したいという事業者もこれまで以上に増えています。
そこで、本セミナーでは、栄養成分表示を栄養計算に基づき適正に作成していくために知っておきたい日本食品標準成分表について学んでいきたいと思います。
(話題提供例)
・日本食品標準成分表とは…
・日本食品標準成分表の策定背景や改正の経緯について
・使った食品を成分表から正しく選択する方法
・使った食品の量を正しく把握する方法
・調理現場で水分を測定する方法
・おいしい食品と成分表について

■開催日時
2019年11月22日(金)
13:00~17:00(12:30開場)

■場所
東京理科大学神楽坂キャンパス3号館7階会議室
東京都千代田区富士見1-11-2
飯田橋駅B3出口より徒歩3分
(JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車「B3」出口…徒歩5分)
※アクセスマップはこちら
交通アクセス
キャンパスマップ

■定員 30名(最大35名)
■受講料 8,000円(税込み)

お申し込みはこちら

食Storyが開催するセミナーのお申し込みを受付しております。
参加をご希望される方は下記フォームからお申し込みください。

本フォームに入力いただいた個人情報は下記の目的以外には使用しません。
・イベントやセミナーのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品・サービスの関連情報をご案内すること

お問い合わせは下記までお願いします。
電話: 03-6869-5808
メール:info@shoku-story.co.jp

※入力した情報はSSL暗号化通信によって安全に送信されます。

    申込者名必須
    フリガナ
    御社名
    部署名
    メールアドレス必須
    電話番号