“健康でありたい”……それは誰もが抱く、私たちの共通の願いです。高齢化が進み、社会環境も変化する中、自分らしくいきいきと、そして心身ともに健康により充実した人生を送りたいと望んでいる人は多いでしょう。しかし、多忙な生活の中、自らの意識や努力だけで生活を充実させることは必ずしも簡単なことではありません。
一方、食育の現場などでは、生活者の日々の食を支え、健康で心豊かな食生活を送るために役立つモノづくりや場づくりをしていきたいと考える食品関連事業者や生産者の方々が多くいらっしゃいます。
 株式会社 食STORYはそんな“健康で心豊かな食生活”を、日々の生活の中で手に入れることができるよう、生活者と食を提供する方々をつなぐ懸け橋になりたいという想いから誕生しました。食が本来持つ魅力や潜在的な価値、食に関わる人々の想いを、さまざまな“ストーリー”として形にしてまいります。また、その“ストーリー”を通じて、皆様が色とりどりの食生活を楽しんでいただき、健康的な人生を実現していただけるお手伝いができましたら幸いです。

株式会社 食STORY 代表取締役 米倉れい子

代表取締役 米倉れい子 プロフィール


株式会社 食STORY 代表取締役 管理栄養士
 1冊のスポーツ栄養本をきっかけに、アスリートに対する栄養サポートに興味を抱き、体育大学へ進学、運動生理学等を学ぶ。卒業後、一旦就職するものの、管理栄養士としてアスリートサポートをしたいとの想いから、管理栄養士養成校に再入学。2000年に共立女子大学家政学部を卒業し、同年に管理栄養士国家資格を取得。食と栄養に関するコンサルティング会社を経て、独立後は、マスコミや自治体、民間企業などから依頼を受け、主に健康的な食生活や適切なダイエットに関する具体的な実践方法を紹介。同時期に、国立スポーツ科学センターや厚生労働省、都内スポーツクラブにおいて、管理栄養士(非常勤職員)として勤務する経験も持つ。
 スポーツ栄養では、2008年まで日本セーリング連盟の強化スタッフとして、ナショナルユースチームや全国の指導者に対して栄養教育などを実施。2008年の北京オリンピックでは栄養サポートを担当。このほか、サッカーや野球などのジュニアアスリートを中心にサポートを手がける。北京オリンピックのサポート終了後、厚生労働省に栄養系技官として入省。消費者庁や内閣府、農林水産省にも出向し、栄養・食生活に関する施策の企画立案や推進に直接携わる。2017年3月末に退職。同年4月21日に株式会社 食STORYを設立。

栄養表示

消費者の商品選択を助ける
栄養表示の作成を支援します

 様々な加工食品のパッケージに示されている「栄養表示」。日本ではこれまで栄養表示をしたい事業者が任意で表示をしていましたが、2015年に食品表示法が施行されたことにより、加工食品については2020年までに栄養成分表示が義務化されることになりました。私たち生活者は、栄養表示を通して、食品に含まれる栄養成分に関する情報を知ることができます。これらの情報を読み解き、日々の商品選びに活用すれば、健康や栄養バランスに配慮した食生活の実践にも役立ちます。しかし、これまで栄養表示をしてこなかった事業者にとっては「どのように栄養表示を作成したらいいのか」「栄養表示の作成にかかる費用が負担になる」といった課題を抱える方々もいらっしゃるかもしれません。
 そこで食STORYでは、消費者の商品選択や日々の食生活の管理に役立つ適切な栄養表示を、事業者の皆様に負担の少ない形でご提案いたします。具体的には、栄養価計算での栄養成分表示の作成や運用の支援、栄養表示の運用や消費者の栄養表示への理解を促す情報提供などを行うことにより、消費者ひとりひとりが健全な食生活を実践できるようサポートさせていただきます。

食育

自ら食育を実践し次世代への継承も担う
若い世代に向けて食育を提案します

 平成17年に食育基本法が制定され10年以上が経ち、「食育」という言葉は今では聞き慣れたものとなりました。また、地域では、その良さや特徴を活かした様々な取り組みが展開され、食育は全国的に充実してきています。しかしその一方で、少子高齢化が進み世帯構造が変わるなど、食を取り巻く環境や生活様式も変化してきています。
 食育は、すべての世代に関わる日々の食の営みであり、性や年代に関わらず、私たちそれぞれが主体的に日々の食を楽しみながら、健全な食生活を実践していくことが大切です。
 食STORYでは、特に自らの食生活を見直し始める時期である上、これから親となり次世代に食育を継承する担い手でもある若い世代に対する食育を重視しています。具体的には、今の社会環境やライフスタイルなどにもあった商品の企画や開発、地域の特産物等の販売促進、コンテンツや教育ツールの企画・作成、栄養・食生活・健康に関するイベントやセミナーの企画・運営等について、食育の視点からサポートさせていただきます。

スポーツ栄養

スポーツ選手や運動愛好家に向けて
実行可能性の高いノウハウを提供します

 競技力向上や日々の健康維持・増進等を目的に、スポーツをする人の栄養・食生活をサポートする「スポーツ栄養」。しかし、日常生活の中で目的に合った食事を考え、 整え続けることはたやすいことではありません。目指す目標に向かって、食生活も含めた日々の生活を考え、実践しやすく、また確実に目標達成を目指せる自分なりの方法を見つける必要があります。
 食STORYでは、食事診断やカウンセリングなどを通した個別相談をはじめ、スポーツチームに向けた栄養指導や講習会、メニュー調整やメニュー提案などの食環境整備を行います。そしてスポーツ選手に対する競技力向上や自己管理能力の育成、運動愛好家等に対する健康維持・増進等を食生活からサポートさせていただきます。

新着情報

2017.7.21
「会社概要」を公開しました。
2017.5.21
公式ホームページを公開。各メニューページも随時公開していきます。
2017.4.21
株式会社 食STORYを設立しました。
Copyright©Shoku-Story.Inc All Right Reserved.